​あざ(ADM、メラノサイトーシス)

   ☑ 両側の頬骨上を中心に

     褐色から灰褐色、青み
     がかった色素斑が点在

 

   ☑ 青あざの仲間で、別名「両側性

     太田母斑様色素斑」とも言われる

 

   ☑ 20代になって出てくる

一般的なシミやそばかすとは異なり、色素が皮膚の深い部分(真皮)にあります。表層にある色素よりもターンオーバーの期間が長いため、なかなか排出されずに蓄積する傾向があります。強いレーザーにて数回の照射が必要です。経過中に濃くなる可能性があります。

​後天性メラノサイトーシスの治療方法

Qスイッチヤグレーザーで真皮内にある色素を数回かけて取っていきます。3ヶ月から半年に1回程度の間隔で、5回前後に分けて治療します。

K clinic

内科・眼科・美容皮膚科

 
   完全予約制
お気軽にお問い合わせください
  03-3226-4024

東京都新宿区。

都営新宿線「新宿3丁目」駅から徒歩3分。

丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

東京都新宿区新宿5-6-2

       神谷ビル 402

©2018  K clinic ALL RIGHTS RESERVED